たまごかけごはん用のおいしい卵、卵かけごはん専用醤油のお取り寄せ!九州大分から産地直送!
ぶんご活きいき卵

お問い合わせ

 

店長日記

社長

『ぶんご活きいき卵』大分ファームへようこそ!
当店では、安心・安全で新鮮な卵を販売しております。
小さい子供さんやお年寄りに安心安全だけでなく、
美味しい卵で笑顔をお届けしたいと願っています。
「いただきます」と「ごちそうさま」のあいだに、
「ぶんご活きいき卵」を!

店長日記はこちら >>

 

お買い物ガイド

大分ファームでは、鶏に与える飼料と水にこだわり、安心で安全な卵をお届けしています。

HOME»  店長日記»  店長日記»  9月

9月

9月

久しぶりの投稿です
フェイスブックには加工場の様子などお知らせはしていましたが、
なかなかこちらのページには投稿しておらず申し訳ありません。

早いもので今年もあと数か月と数えた方が早くなってきました。

先日の関東地方及び東北地方での洪水では、
多くの方が住む家を失われ、また亡くなられた方や行方不明の方も
大勢いらっしゃる事、避難生活を続けていらっしゃる事、
本当に心からお見舞い申し上げます。

私たちは遠く離れたところから、テレビなどの情報でしか
現状を知る事が出来ませんが、
私たちと同じ「日常」を過ごしている人々がいきなり「被災者」になるという事、
これは他人ごとではないと感じているのは私だけではないと思います。

私の住んでいる地区は津波の危険はありませんが、山に囲まれているため
土砂災害の危険性があります。ただでさえ危険なのに山を切り崩して
太陽光発電を行おうとしています。
説明会では安全であることを一生懸命説明してくれましたが、
私個人としては、1%でも危険性があれば、やるべきではないと思っています。

災害が起きた時、「あの時賛成したからこうなった」といっても遅いのです。

だからと言って私一人で反対運動起こす勇気も気力もなく、
責任転換はできないのですが、
災害のニュースを見るたびに、やはり「ここもいつどうなるか」という
思いは続くと思います。

地球温暖化があらゆる方向や方法で人に警告しているのでしょうか。
それとも、人類の文明が進化し続けることで、なるべくしてなっていることなのでしょうか。

私たちにできることは、こういう状況で人として助け合う事、
自然と共存することの意義や方法を考えて、実行する事、
そして、今という瞬間を一生懸命生きるという事だと考えます。

今回の災害でも各自治体の対応の遅れや判断に賛否両論聞こえてきますが、
実際起こってしまった現状をしっかり受け止めて、今後の判断材料にして
早く復旧できることを願います。

我社も再度、災害時にどうするかの確認をしていこうと思います。


さて、秋の気配も感じられるようになり、各種イベントの多い時期となりました。
体調を整えて元気に臨みたいと思います!

フェイスブックでも色々と情報を投稿していますので、
ご覧ください。

2015-09-13 09:42:04

店長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント